学校情報-大学教育について

大学 オーストラリアの大学はクィ-ンズランド州のボンド大学、カソリック系大学として西オーストラリア州のノートルダム大学を除いて全て公立であり、専門大学、総合大学を含めて全国の大学数は60校以上にいたる。
大学教育はTAFEでの教育に比べて理論的な内容が多く含まれ、専門分野をより総合的に捕らえ、判断力、想像力、批判力、応用力を身につけることができるため、就職後に上級管理職への昇進を希望する学生には適切な進路である。

日本では大学を卒業するよりも大学に合格するほうが難しいが、オーストラリアの大学は入学よりも卒業するほうが難しいといえる。オーストラリアの大学では多大な学習量が要求され、試験、課題の提出等の受身的な学習活動に限らず、研究発表、ディスカッション、グループ発表など、能動的な学習態度が要求される。

大学院
大学院は主に修士課程とPh.D、修士課程の前の段階としてGraduate Diplomaを修士課程の準備コースとして設けている。Graduate Diploma の前段階としてはGraduate Certificate がある。

どんな人が大学院で学ぶか
日本でいう大学院は、大学専門分野の延長線的存在であるが、オーストラリアでは大卒後社会人として就職経験を積んだものがキャリアアップを目的に大学院に戻るケースが比較的多い。働きながらパートタイムで就学する者も多く、年齢層も20~50代、60代と様々で事業経営者、一般社会人、主婦、退職者と学生の境遇も様々。 

生涯教育が一般的なオーストラリアで就学年齢には制限がない。コースによっては大学卒業後の就職経験があることが入学条件であるものもある。(MBA等)

関連トピック
オーストラリアの大学・大学院一覧
大学院留学の現状
大学・TAFE進学にはどのくらい語学学校に行く必要がありますか?
大学やTAFE本科のコース選択にあたって考慮する点は何ですか?
オーストラリアの大学で
の学習形態は?

大学やTAFE、カレッジの本科課程の出願はいつ?