学校情報-語学学校について

多数の語学学校では学生の年齢は18歳以上であることが条件で、18歳未満の者は高校留学専門の語学学校や進学したい現地の高校付属の語学学校に入学する。
一般の語学学校は大学付属、TAFE付属、私立のものに大きくわけられ、各学校の特徴も様々。一般に大学、TAFE付属の語学学校は進学準備対策を組み込んだ進学準備コースに充実している。特に私立の語学学校の多くは会話力の向上を目指し、オーストラリア文化を体験したい学生対象のプログラムを実施しており、語学研修に観光を組み込んだコースもあるが、TAFEや大学付属の語学学校の多くは現地のTAFEや大学への進学準備を目的としたコースが充実している。
コースの種類として、一般英語、進学準備英語、ツーリズム・ホスピタリティー英語、IELTS試験、TOEFL、TOEIC、ケンブリッジ試験準備対策コースなどがあげられる。 時間的および金銭的な問題で語学学校に入らずTAFEや大学に進学を希望する留学生は多いが、実際英語力のハンディを背負って本科の専門分野を学ぶのは極めて困難なだけではなく、日豪間の学習アプローチにおける違いに対する認識と、西洋式の学習法を習得していないがために、本科での学習活動についていけなくなるというケースが多い。 殆どの日本人留学生はTAFEへの進学前に20~30週間、大学や大学院の進学前には20~40週間かそれ以上、語学学校で就学するのが一般的。

関連トピック

オーストラリアの語学学校・英語学校一覧
語学学校選びにあたっての注意
語学学校選びの決め手は何ですか?
語学学校-国家的な英語教育の質保証
語学学校で開講されているコース
ビザ編:語学学校を早く切り上げて帰国する場合は?